【レポート】舞洲タイムトライアル

2020年9月5日(土)開催の舞洲タイムトライアルのレポートをお送りいたます。

 

参加メンバー

E1 : 森崎 英登 選手
E1 : 塩澤  魁 選手
E3 : 前田 凌輔 選手 (NEW)

 

リザルト

E1 : 森崎 英登 選手 8位
E1 : 塩澤 魁 選手 4位
E3 : 前田 凌輔 選手2位

 

レポート

当チームで参加するレースとしては約1ヶ月振り。

 

台風などの影響もあり、開催も含めどうなるかと心配でしたが、開催。JBCFおよび当大会運営関係者の皆様、本当にありがとうございます。

 

大会会場は大阪の舞洲。名古屋から自転車で3時間ほどで到着できる場所であり、JBCFのレースが午後から開催ということで、当日の早朝から出発。会場到着は10時過ぎたあたり。

 

到着度、1周2kmのコースを試走し、大体のコース状況を確認し、スタートに備える。個人TTということもあり、レースレポートというほどのものは描けないので、走行中の写真を載せます。

 

 

 

基本的に地脚が必要とされるTTですが、当TTは全国的にみてもテクニカルのショートTT。90度のコーナーだけでなく、ヘアピンコーナーが何度も設営されているテクニカルなコースで、技術が必要とされます。

 

TTバイクが有利か、ロードバイクが有利かは、各選手のバイクコントロールや風向きに左右されるところもあるとは思いますが、当チームの森崎選手・塩澤選手はロードバイクにDHバーをつけるスタイルを、前田選手はノーマルバイクのまま参加。どういう選択肢が最善かはわかりませんが、今回感じたことを、また次回の舞洲TTにつなげてもらえたらと思います。

 

さて、当チームは明日が本番といっても過言ではないと思いますので、明日に備えてしっかりと休んで、各選手勝ちを狙った走りをしたいと思います。

 

応援ありがとうございました。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

選手の声

塩澤選手

当日までに、3分TTを意識したトレーニングを実施しDHバーを装着して予行練習をしました。 結果的にコーナーでの処理でのミスもありましたが、上位選手と比べてパワー差を痛感しました。
明日はクリテのため、前半から逃げにチャレンジし勝ちにつなげたい。

 

 

森崎選手

今日はとにかく全力で3分出し切るレースだったので、かなり集中して走りました。 しかし 、やはり気持ちが前に行くあまりコーナーをオーバースピード気味で入ってしまい、結果的に最速ラインで走れなかったということが今回の敗因かと思います。 もっとコースの特性を理解して冷静に対処できる様にしたいです。
明日は今季初の舞洲クリテリウムですが、普段走っているクリテリウムよりはインターバルの少ないコースになるので、集団に残りやすくスプリントの展開が予想されますが、自分の得意パターンですので、しっかりと勝ち切れる様に全力で頑張ります。

前田選手

初レースはTT。しかも人生で初めて出場するレース形式で、全力を尽くしましたが、コーナーでのミスが響いてしまい、2位という悔しい結果に終わってしまいました。 ですが、この結果が次へのモチベーションへとなっているので、悔しいですがそれとは反する嬉しさもあります。
今日で同カテゴリー選手の走力もなんとなく把握できたので、明日のクリテリウムは今日よりも苦しんで、さらに楽しめるようなレースにします!