【レポート】東日本ロードクラシック DAY3

2020年7月25日(土)に開催された東日本ロードクラシック-DAY3のレポートをお送りいたします。

 

参加メンバー

E1 : 森崎 英登 選手
E1 : 塩澤  魁 選手
※ E1参加 91名参加

 

リザルト

森崎 英登 選手 DNF
塩澤 魁 選手 8位
※ E1完走 22名

 

レポート

102kmのレースを走行した翌日。

 

昨日よりも2周回少なく、15周回(90km)というレースとなるも、DAY1-2の疲労感が各選手に襲いかかり、日頃からよくトレーニングができている選手が走ることを許される3日目になるだろうと考えていました。

 

前日のレース後ミーティングで、本日に向けたレース考察は以下の通り。

 

まず、CTLおよび2日間のTSSから考えて、森崎選手は完走できずに早いタイミングでDNSになるが、塩澤選手は戦えると予想。そのため今回のレースはチーム戦ではなく単騎で戦わなくては行けない状況になるであろうというイメージを持ってもらいました。

 

次に、DAY1-2と共に”なぜ逃げが発生し、DAY2に至っては成功したのか?“を選手たちに伝えた後、DAY3は”逃げが決まる可能性が少ないこと“と合わせて”かなりの消耗戦になるであること(前に前に選手たちが出続けるサバイバルゲームになること)“を伝えました。

 

最後に、その消耗戦になる際のキーとなる選手を確認した後にミーティングを終えて、各自にレース直前まで常にイメージをしていただきました。

 

 

実際のレースレポートはTwitterに合わせてお伝えします。

 

https://twitter.com/tm_orca/status/1286848338390736896

レース序盤から動くアタックの応酬に、疲労度が高い選手たちは早々に脱落。2周回終了時に、予想通り森崎選手の疲労がピークに達し、ここでレース終了となりました。

 

 

https://twitter.com/tm_orca/status/1286851116521517057

4周回目終了時点ではすでに参加者の2/3がメイン集団から離れ、この集団で勝負が決まるであろうことは濃厚となりました。

 

 

 

残り4〜5周となったところで、有力選手が様々な動きを見せ始め、さらに選手が絞られ20名程度に。この時点でDAY1-2と先頭集団や逃げ集団で走行していた選手たちのみが走行を許されるというような内容でした。

どのアタックも+10秒ほどの動きも許されることなく、動いては吸収を繰り返す中、最終周回へ。”本当に力のある選手が勝つ”レース展開に。

 

https://twitter.com/tm_orca/status/1286872281919025157

 

 

結果は以下の通り。

DAY1から活躍していた選手たちが表彰台に登る形になりました。また、優勝された選手は、DAY1で森崎選手とスプリントで戦われた選手だったと記憶していますが、本当にスプリント力のある強い選手でした。

 

優勝、入賞された皆様、おめでとうございます。

 

 

全ての選手が持てる力を出したレースだったと思いますし、今回の3日間のレースは距離だけでなく天候の影響もあり、本当に大変だったと思います。そんな中でも自分の限界に挑んだ各チームおよび選手たちは、心身ともに素晴らしい選手たちだったと考えています。

 

TEAM ORCAからは2名の参加でしたが、ご一緒に走らせていただきました皆様、ありがとうございました。

 

また、新型コロナウイルスの中でどうなるかわからない中、大会準備から開催までしっかりと運営していただきましたJBCFの皆様、本当にありがとうございました。

 

そして、3日間、TwitterなどのSNSを通して当チーム、各選手を応援をいただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

こちらのレポートに書くことはできませんが、今回のレースは学ぶべきことが多く、それらを次のレースまでの課題として練習し、また挑んでいきたいと思います。

 

 

選手の声

塩澤選手

昨日のDay-2で逃げが決まってしまった反省を活かし、序盤から有力選手をマークし「逃げ」を作る動きに同調。序盤からペースが上りサバイバルな展開へ。 先頭をキープし、いつでも動けるように対応しました。 有力選手のペースアップで苦しい展開でしたが、なんとかスプリントまで残り8位。 最後、スプリントする力は残っておりませんでした…悔しいです。
3日間を通して、入賞には届きませんでしたが、レースを通じてチャレンジすることの大切さを改めて学ぶことができました。 また、自分の苦手な部分も再確認することができたので次回のレースまでに改善します。

 

NEXT RACE

8月8日開催 宇都宮クリテリウム

support

Personal & Cycle Studio i 様
株式会社サギサカ 様
株式会社小澤製作所 様
いずみパーキング 様

supplier

星が丘テラス 様
星が丘自動車学校 様

 

新型コロナウイルスが猛威をふるう中でも、当チームを支えていただきましたスポンサー・サプライヤーの皆様、本当にありがとうございました。