【レポート】東日本ロードクラシック Day-1

2020年7月23日(木)に開催された東日本ロードクラシック-DAY1のレポートをお送りいたします。

 

参加メンバー

E1 : 森崎 英登 選手
E1 : 塩澤  魁 選手
※ E1参加 74名参加

 

リザルト

森崎 英登 選手 1位
塩澤 魁 選手 9位
※ E1完走 50名

 

レポート

 

今シーズン始まってから、TEAM ORCAとして初めてのレース参加となった東日本ロードクラシック DAY1。本来であれば参加するはずだった恩田拓選手は諸事情によりレースを離れることになったため、当チームからは2名の参加となりました。

 

事前にスタートリストから参加選手を確認しました。ホビーレーサーの甲子園といわれるツール・ド・沖縄 市民レース 210km部門にて優勝、入賞経験がある選手などJPTで走っても通用する選手などが数名いたので、どのようにレースを展開する必要があるのかを選手間でシミュレーチョンしてもらい、レースに挑んでもらいました。

 

以下レース状況は当チームのTwitterと合わせて書かせていただきます。

 

 

スタート前は2名とも程よく緊張感を持ち、リラックスできていたように感じています。

レースはスタート直後から逃げが発生し、3名が先行する形になりました。この逃げに対して2名の選手は追うことはなく、集団の真ん中よりも前方に位置取り続けていました。

 

事前にチェックしていた選手たちの動きを確認しながらレースを進めていきますが、レースの結果に繋がる動きは残り1.5週目あたりの動きにありました。

 

 

https://twitter.com/tm_orca/status/1286165966817091585

ラスト1週で30秒差もあった逃げに集団が一気に追いつき、集団スプリントへ。当チームの森崎選手が2位と0.001秒差という形で勝利を修めました。

 

 

 

どのチームも当レースが今季の初戦となる中で、どのように動くかわからない状況下のレースで勝利を収めることができたのは、森崎選手の成長であったのかなと考えられます。

 

森崎選手、塩澤選手共にこのまま調子をあげていき、今期可能な限りの最高の成績を修めていきたいと思います。

 

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

 

選手の声

塩澤選手

結論から言うともっと上のリザルトを狙えたと感じました。 RXの高岡選手がレースを終始コントロールし、自分はその動きに合わせる。冷静に状況判断し、逃げが出来そうな場合にチェックに入るよう対応することができました。最後のスプリントでは番手を落としてしまい、自分の目指していた表彰圏内には届きませんでしたが、チームメイトの森崎選手が見事優勝し「TEAM ORCA」として初優勝を飾りました。2Dayは長丁場のレース(102km)のため、1Dayよりも更に過酷なレース展開が予測されます。 こまめな補給を意識し、有力選手の動きに対応することで、自分の得意な「少人数での展開に持ち込み」勝つことをイメージし結果を残したいです。

 

NEXT RACE

7月24日開催 東日本ロードクラシック DAY2

support

Personal & Cycle Studio i
株式会社サギサカ
株式会社小澤製作所
いずみパーキング

supplier

星が丘テラス
星が丘自動車学校