【レポート】東日本ロードクラシック DAY3

2020年7月25日(土)に開催された東日本ロードクラシック-DAY3のレポートをお送りいたします。

 

参加メンバー

E1 : 森崎 英登 選手
E1 : 塩澤  魁 選手
※ E1参加 91名参加

 

リザルト

森崎 英登 選手 DNF
塩澤 魁 選手 8位
※ E1完走 22名

 

レポート

102kmのレースを走行した翌日。

 

昨日よりも2周回少なく、15周回(90km)というレースとなるも、DAY1-2の疲労感が各選手に襲いかかり、日頃からよくトレーニングができている選手が走ることを許される3日目になるだろうと考えていました。

 

前日のレース後ミーティングで、本日に向けたレース考察は以下の通り。

 

まず、CTLおよび2日間のTSSから考えて、森崎選手は完走できずに早いタイミングでDNSになるが、塩澤選手は戦えると予想。そのため今回のレースはチーム戦ではなく単騎で戦わなくては行けない状況になるであろうというイメージを持ってもらいました。

 

次に、DAY1-2と共に”なぜ逃げが発生し、DAY2に至っては成功したのか?“を選手たちに伝えた後、DAY3は”逃げが決まる可能性が少ないこと“と合わせて”かなりの消耗戦になるであること(前に前に選手たちが出続けるサバイバルゲームになること)“を伝えました。

 

最後に、その消耗戦になる際のキーとなる選手を確認した後にミーティングを終えて、各自にレース直前まで常にイメージをしていただきました。

 

 

実際のレースレポートはTwitterに合わせてお伝えします。

 

https://twitter.com/tm_orca/status/1286848338390736896

レース序盤から動くアタックの応酬に、疲労度が高い選手たちは早々に脱落。2周回終了時に、予想通り森崎選手の疲労がピークに達し、ここでレース終了となりました。

 

 

https://twitter.com/tm_orca/status/1286851116521517057

4周回目終了時点ではすでに参加者の2/3がメイン集団から離れ、この集団で勝負が決まるであろうことは濃厚となりました。

 

 

 

残り4〜5周となったところで、有力選手が様々な動きを見せ始め、さらに選手が絞られ20名程度に。この時点でDAY1-2と先頭集団や逃げ集団で走行していた選手たちのみが走行を許されるというような内容でした。

どのアタックも+10秒ほどの動きも許されることなく、動いては吸収を繰り返す中、最終周回へ。”本当に力のある選手が勝つ”レース展開に。

 

https://twitter.com/tm_orca/status/1286872281919025157

 

 

結果は以下の通り。

DAY1から活躍していた選手たちが表彰台に登る形になりました。また、優勝された選手は、DAY1で森崎選手とスプリントで戦われた選手だったと記憶していますが、本当にスプリント力のある強い選手でした。

 

優勝、入賞された皆様、おめでとうございます。

 

 

全ての選手が持てる力を出したレースだったと思いますし、今回の3日間のレースは距離だけでなく天候の影響もあり、本当に大変だったと思います。そんな中でも自分の限界に挑んだ各チームおよび選手たちは、心身ともに素晴らしい選手たちだったと考えています。

 

TEAM ORCAからは2名の参加でしたが、ご一緒に走らせていただきました皆様、ありがとうございました。

 

また、新型コロナウイルスの中でどうなるかわからない中、大会準備から開催までしっかりと運営していただきましたJBCFの皆様、本当にありがとうございました。

 

そして、3日間、TwitterなどのSNSを通して当チーム、各選手を応援をいただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

こちらのレポートに書くことはできませんが、今回のレースは学ぶべきことが多く、それらを次のレースまでの課題として練習し、また挑んでいきたいと思います。

 

 

選手の声

塩澤選手

昨日のDay-2で逃げが決まってしまった反省を活かし、序盤から有力選手をマークし「逃げ」を作る動きに同調。序盤からペースが上りサバイバルな展開へ。 先頭をキープし、いつでも動けるように対応しました。 有力選手のペースアップで苦しい展開でしたが、なんとかスプリントまで残り8位。 最後、スプリントする力は残っておりませんでした…悔しいです。
3日間を通して、入賞には届きませんでしたが、レースを通じてチャレンジすることの大切さを改めて学ぶことができました。 また、自分の苦手な部分も再確認することができたので次回のレースまでに改善します。

 

NEXT RACE

8月8日開催 宇都宮クリテリウム

support

Personal & Cycle Studio i 様
株式会社サギサカ 様
株式会社小澤製作所 様
いずみパーキング 様

supplier

星が丘テラス 様
星が丘自動車学校 様

 

新型コロナウイルスが猛威をふるう中でも、当チームを支えていただきましたスポンサー・サプライヤーの皆様、本当にありがとうございました。

【レポート】東日本ロードクラシック DAY2

2020年7月24日(木)に開催された東日本ロードクラシック-DAY1のレポートをお送りいたします。

 

参加メンバー

E1 : 森崎 英登 選手
E1 : 塩澤  魁 選手
※ E1参加 79名参加

 

リザルト

森崎 英登 選手 46位
塩澤 魁 選手 28位
※ E1完走 47名

 

レポート

72kmのレースを走行した翌日。

 

昨日よりも5周回多く、17周回(102km)という長距離レースとなり、前日の疲労感覚がある選手にとってはとてもタフなレースになろうのではと考えられていました。

 

前日のレース後、気持ちを切り替えて本日に向けたレース展開を考察。

 

8〜12名ほどの選手の逃げが2〜3分ほどメイン集団に差をつけたらその逃げは確実に決めると考えられるので、人数の多くなる逃げは必ずチェックすること。

また、CTLと昨日のTSSから考えると、本日は塩澤選手の方が勝率が高そう。逃げが発生した瞬間は塩澤選手に逃げをチェックし、メイン集団に森崎選手がステイし、もしも集団ゴールになった際にはスプリントする、という流れを伊藤監督が事前にアドバイスをしていました。

 

 

 

スタート前はそれぞれリラックスしながら過ごしています。

 

 

スタートして1周回目は10分15秒ほどのスローペースですぎて行ったところ、2周回目から逃げが発生。その逃げは、前日のミーティングで確認したチェックすべき選手を含む14名ほどの逃げであり、まさにチェックしないといけない状態の逃げ。

 

森崎選手はメイン集団の前方に位置していたが、逃げ切ることはないと判断しパス。塩澤選手はメイン集団の後方に位置していたため、逃げに反応することができなかった。

 

結果、この逃げが本日の結果を左右することになりました。

 

写真は逃げ集団となります。

 

6周回目終了時、最大4分以上もの差をつけられたメイン集団は、これではまずいと思ったのか徐々にペースを上げ始めます。それまでは1周10分〜9分30秒ほどのペースで走行していたメイン集団も7周回目は8分30秒を切るペースで走行。それ以降は9分〜8分50秒あたりのペースで走行し、徐々に逃げ集団に近づきます。

 

 

しかし逃げ集団は皇族とのタイムギャップに関係なくうまくローテーションをおこなっており、メイン集団のペースアップもそれほど関係ないようなペースで進んでいきます。

 

メイン集団が逃げ集団を追いたいという気持ちから生まれるペースのアップダウンにインターバルがかかり、自然と毎周回選手が削られていきます。(塩澤選手は終始メイン集団に残るも、森崎選手は12周回終了時にメイン集団から脱落)

 

 

 

結果、逃げ集団とメイン集団の差が2分40秒ほどまで短縮されるも、時すでに遅し。逃げ集団の10名弱で最終回へ突入し、勝負をすることになりました。

 

 

優勝は作新学院大学の及川選手。

 

本日は逃げ集団にいたメンバーは本当に強く、誰が勝ってもおかしくないと思える状況でしたが、当チームから勝負できるその場に入れなかったことが悔やまれます。

 

明日のレースはより複雑なレース展開になると予想されますが、引き続き森崎選手・塩澤選手が参加します。レース後ミーティングで様々な打ち合わせをしましたが、疲労している中でも自身のベストをつくし、挑戦して欲しいと思います。

 

 

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

 

選手の声

塩澤選手

ファーストラップで発生した逃げを容認してしまい、その後、優勝した作新学院の選手の動きもスルーし、最終的にプロトンと4分差までタイム差が広がってしまいました。 有力選手(高岡選手、松木選手、紺野選手、山中湖チーム)の動きにチェックすることばかりを考えており、肝心の”逃げ”を見逃してしまいました。 自分のポジションが下がりすぎていた要因もありますが、チャレンジできなかったのが悔やまれます。
3Dayは92kmと長く、1Day、2Dayの疲労もありますが、逃げにチャレンジしたいと思います。 最終日なんとしてでも結果を残したいです。

 

NEXT RACE

7月25日開催 東日本ロードクラシック DAY3

support

Personal & Cycle Studio i
株式会社サギサカ
株式会社小澤製作所
いずみパーキング

supplier

星が丘テラス
星が丘自動車学校

 

【レポート】東日本ロードクラシック Day-1

2020年7月23日(木)に開催された東日本ロードクラシック-DAY1のレポートをお送りいたします。

 

参加メンバー

E1 : 森崎 英登 選手
E1 : 塩澤  魁 選手
※ E1参加 74名参加

 

リザルト

森崎 英登 選手 1位
塩澤 魁 選手 9位
※ E1完走 50名

 

レポート

 

今シーズン始まってから、TEAM ORCAとして初めてのレース参加となった東日本ロードクラシック DAY1。本来であれば参加するはずだった恩田拓選手は諸事情によりレースを離れることになったため、当チームからは2名の参加となりました。

 

事前にスタートリストから参加選手を確認しました。ホビーレーサーの甲子園といわれるツール・ド・沖縄 市民レース 210km部門にて優勝、入賞経験がある選手などJPTで走っても通用する選手などが数名いたので、どのようにレースを展開する必要があるのかを選手間でシミュレーチョンしてもらい、レースに挑んでもらいました。

 

以下レース状況は当チームのTwitterと合わせて書かせていただきます。

 

 

スタート前は2名とも程よく緊張感を持ち、リラックスできていたように感じています。

レースはスタート直後から逃げが発生し、3名が先行する形になりました。この逃げに対して2名の選手は追うことはなく、集団の真ん中よりも前方に位置取り続けていました。

 

事前にチェックしていた選手たちの動きを確認しながらレースを進めていきますが、レースの結果に繋がる動きは残り1.5週目あたりの動きにありました。

 

 

https://twitter.com/tm_orca/status/1286165966817091585

ラスト1週で30秒差もあった逃げに集団が一気に追いつき、集団スプリントへ。当チームの森崎選手が2位と0.001秒差という形で勝利を修めました。

 

 

 

どのチームも当レースが今季の初戦となる中で、どのように動くかわからない状況下のレースで勝利を収めることができたのは、森崎選手の成長であったのかなと考えられます。

 

森崎選手、塩澤選手共にこのまま調子をあげていき、今期可能な限りの最高の成績を修めていきたいと思います。

 

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

 

選手の声

塩澤選手

結論から言うともっと上のリザルトを狙えたと感じました。 RXの高岡選手がレースを終始コントロールし、自分はその動きに合わせる。冷静に状況判断し、逃げが出来そうな場合にチェックに入るよう対応することができました。最後のスプリントでは番手を落としてしまい、自分の目指していた表彰圏内には届きませんでしたが、チームメイトの森崎選手が見事優勝し「TEAM ORCA」として初優勝を飾りました。2Dayは長丁場のレース(102km)のため、1Dayよりも更に過酷なレース展開が予測されます。 こまめな補給を意識し、有力選手の動きに対応することで、自分の得意な「少人数での展開に持ち込み」勝つことをイメージし結果を残したいです。

 

NEXT RACE

7月24日開催 東日本ロードクラシック DAY2

support

Personal & Cycle Studio i
株式会社サギサカ
株式会社小澤製作所
いずみパーキング

supplier

星が丘テラス
星が丘自動車学校

 

ORCA CYCLING SCHOOL 開始します

ORCA CYCLING TEAM が運営する “ORCA CYCLING SCHOOL”を開催していきます。

 

当スクールは”若手選手の育成”をテーマとし、開催させていただきます。

 

“サイクルロードレースに挑戦し、上を目指したい”という選手を対象に、練習会を開催し、トレーニング等を可能な限りサポートさせていただきたいと思います。

 

興味のある方は、以下を確認し、お申し込みください。

 

年齢

12歳〜17歳以下を対象としたプログラムになります
※2007年以上〜2003年以前に生まれた中学生1年生〜高校生2年生以下のサイクリストが対象になります。

 

人数

最大20名
※事前にウェブなどで面接をさせていただくことがございます。
よろしくお願いいたします。

 

試験採用後、合格者5-6名を予定
※各年代1名ずつ指導していくようなイメージで考えております。

 

参加資格

・インターハイ / 国体 / 全日本選手権で成績を納め、”更に上を目指したい”と考えている選手

・当チームの方針を十分に理解いただき、指示にしたがっていただける選手

 

活動期間

2020年8月より2020年10月まで (試験採用)
※3ヶ月程度 / 月2〜4回の週末練習会への参加をしていただきます

 

2020年11月より、本格的にTEAM ORCAの所属として、練習生のための練習会にご参加いただきたいと思います。※トレーニングに関する様々なサポートをさせていただきます。

 

活動費用

試験採用中は無料とさせていただきます。
※自転車保険へ加入していることが前提となります。

 

応募方法

 

以下のエントリーフォームより、ご応募ください。
※保護者の方の了承を経た上で、お申し込みください。
※申し込み確認後、内容を確認したのちにご連絡をさせていただきます。